Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://jikkankatari.blog.fc2.com/tb.php/633-dcf75405

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

卒業式での「お辞儀」の指導

卒業式でのお辞儀の指導の仕方に、きちんとしたきまりがあるわけ
ではありません。
各学校によって、指導者によっていろいろあると思います。

共通することは
・全員がなるべくそろうこと
・頭だけが下がるようなお辞儀にならないこと
 (腰を中心に上体を傾けること)
でしょう。

私の知る範囲でのお辞儀の指導は、「1・2・3」のリズムで行う
というものです。

1・・・上体を傾け
2・・・傾けた状態で静止
3・・・上体を起こす

です。この方法ですと、1と3の上体を傾ける時と起こす時が、か
なりスピーディになります。

体育の授業や運動会でのお辞儀としてはキビキビとしていて、とて
もいい感じです。
ですが、儀式的行事である卒業式でのお辞儀としては、もう少し落
ち着いたゆったりとしたお辞儀にしたいと私は思います。

そこで次のように指導します。
(これが正しいというわけではありませんし、従来のリズムで行う
お辞儀の指導を否定するわけでもありません。)

1拍1秒程度の間隔で、4拍で行います。

1・2  2秒を使って上体をゆっくりと傾けます。
3・4  2秒を使った上体をゆっくりと起こします。

最初は「いちに、さんし」と声を掛けて合わせます。
この時に、「に」と「さん」の間に若干の「間(ま)」を入れます。
お辞儀がゆったりと見えます。

お辞儀の練習を始めた日から、授業の始まりと終わりのお辞儀もこ
のタイミングでやってもらうようにします。

お辞儀の指導を始める前に、「儀式的作法」の話をします。
また時間があれば「礼三息」の話もします。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://jikkankatari.blog.fc2.com/tb.php/633-dcf75405

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

yamanaka339

Author:yamanaka339
栃木県で小学校教員をしています。
どうぞよろしくお願いいたします。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。