Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://jikkankatari.blog.fc2.com/tb.php/628-98a46732

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

『討論する・討論できるクラス』を5つのステップでつくる授業実践セミナー

『討論する・討論できるクラス』を5つのステップでつくる授業実践セミナー
第27回REDSセミナー

【講師】山中伸之
---------
「どうすれば子供達が話し合いや討論ができるようになるのでしょうか?」

「子供達が積極的に発言しないのですが、どうすれば発言するようになりますか?」

「意見が言いっぱなしで終わってしまいます。関わらせるにはどうしたらいいですか」

「何も考えない何も言わない子がいます。どうすればよいでしょうか」

という質問をよくいただきます。

それらの質問に対して実践的にお応えするのが今回のセミナーです。

~中略~

みなさんも当然ご存じのことと思いますが、アクティブ・ラーニングがこれから注目を集めます。
討論の授業はまさにアクティブ・ラーニングです。
この機会に、討論の授業のさせ方を身に付けてみませんか?
----------

セミナーの案内ページです↓↓↓
http://www.geocities.jp/dekigaku/touron_semi_kokuchi3.htm

読むだけでも学びがあります。ぜひご覧ください。


【日時】2015年10月24日(土)13時受付開始 13時20分スタート 16時45分終了予定

【会場】たかつガーデン
    (近鉄【大阪上本町駅】から 徒歩 約3分 地下鉄【谷町九丁目駅】から 徒歩 約7分)
    http://www.takatsu.or.jp/access.html

【お申し込み】
    http://kokucheese.com/event/index/334078/
    こくちーずよりお申し込みいただけます。

【講座内容】

STEP1 思考力を高めながら、発言への抵抗を減らす指導

      クラスの中で発話する体験をたくさん積ませるための指導です。
      同時に瞬時に判断したり、考えたりする練習もします。

      教師が「○○さんはりんごが好きですか?」と問い、
      子供は「はい、私はりんごが好きです」と答える。

      この問答を、
      理由を付け加えたり、
      強制的に「いいえ」で答えさせたり、
      いろんなパターンで行います。

STEP2 思考力を高めながら、書くことへの抵抗を減らす指導

      子供達の書く事への抵抗は大きいです。
      しかし、それは確実に減らすことができます。

      何でもいいから書く、わざと書く(基準を下げる)
      違いを見つけて書く(対比)
      同じところを見つけて書く(類比)
      理由を考えて書く(因果関係)
      いろんな書く体験をさせます。 

      発言するためには、発言する内容がなければなりません。
      思考力を高めながら、発言する内容をもつようにさせます。

STEP3 積極的な発言を促す指導と3つの「待つ」指導

      指名無し音読にもやり方や留意点があります。
      指名無し発表とは、ノートに書いてあることを発表することです。
      指名無し発言とは、ノートに書いてないことを発言することです。

      それぞれの指導では「待つこと」が重要です。
      「待つこと」は優れた指導技術です。
      多くの先生はこの「待つ」という単純なことができていません。
      その「待つ」指導法を3つに分けてお伝えします。

STEP4 反論・論破の仕方の指導

      討論においてもっとも大事なことは、
      相手の意見に反論するということです。

      Aという意見に対して、Bという意見を述べる。
      これは反論ではありません。
      Aという意見に対して、反Aという意見を述べる。
      これが反論です

      反論するということはどういうことか、
      どうすれば反論・論破することができるのか、
      この2点を子供達にどう指導するのかをお伝えします。

STEP5 討論を仕組むための教師の技術

      授業で子供達から多種多様な意見が出ます。
      それらを全部取り上げていては、討論の焦点がしぼれません。
      討論になりません。

      論点をしぼるのは討論の基本中の基本です。
      そのような教師が心掛けるべき討論の指導技術について

      お伝えします。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://jikkankatari.blog.fc2.com/tb.php/628-98a46732

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

yamanaka339

Author:yamanaka339
栃木県で小学校教員をしています。
どうぞよろしくお願いいたします。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。