Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://jikkankatari.blog.fc2.com/tb.php/574-91dafac9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

もってるものを生かせば最高が手に入る(子どもに語るちょっといい話No054)

★自分にないものをうらやんだり欲しがったりするのではなく、自分がもっているものを最高に生かすにはどうするかを考えて行動すると、よい結果が生まれ自分に自信がつく。自己有用感は、自分のもっているものを最高に生かすにはどうするかを考えることで高まる。子どもたちに自信を持たせたい時に。



皆さんは、自分のことを「自分もけっこうできる方だな」とか「自分も案外いい人間だな」とか「自分はできないこともあるけど、それでもいいな」とか、自分のことをよいように考えることができますか?

日本の子どもたちは、世界の他の国の子どもたちにくらべて、自分のことを良く思うことが苦手だと言われます。

それは、自分に足りないところ、自分ができないことに目が行きすぎるからですね。

反対に、自分ができること、自分にあるものや身についているものを考えて、それを最高に生かそうとすると、自分のことを良く思えるようになり、自分に自信がつくものです。

そんな気持ちになるお話をひとつしましょう。



あるところに、20代の若者がいました。

若者は自分の会社を作りたいと思っていました。

でも、会社を作るお金がありませんでした。

お金を貸してくれる人も知りませんでした。

会社作りを教えてくれたり、手伝ってくれたりする人も知りませんでした。



でも、ある日その若者にもチャンスが巡ってきました。

彼がやろうとしている会社がおもしろく、将来うまくいくかもしれないからと言って、お金を出してくれそうな人が現れたのです。

若者はそのお金を出してくれそうな人にごちそうをして、話をよく聞いてもらいたいと思いました。

でも、若者にはそのお金がありませんでした。

その時、彼が持っていたお金は3000円しかなかったのです。



そこで若者はこの3000円で何かプレゼントをしようと思いました。

でも、たった3000円で、お金持ちの人に喜んでもらえるようなプレゼントは買えません。

「この3000円で相手の人が驚いて喜んでくれるようなすごいプレゼントはできないものだろうか」

若者はずっと考えたそうです。



そして、ついに彼は思いつきました。

そしてその3000円のプレゼントを渡したのです。



結果はどうだったと思いますか?

そのプレゼントは相手の方に驚くほど喜ばれたのだそうです。

相手の方はお金持ちでしたが、

「わたしもある程度ぜいたくはしてきたが、こんなものは初めてもらった」

と言ったのだそうです。



さて、若者は3000円で何をプレゼントしたのでしょうか。

お金持ちをものすごく喜ばせた3000円のプレゼントって何だと思いますか?



それは、1本の「つまようじ」だったのです。

お金持ちの人は、その若者の「発想」、考え方ですね、それを大変気に入って、会社を作るためのお金を貸してくれたそうです。

若者は、今では何軒ものお店を持つ実業家になっています。



どうして、1本のつまようじがそれほどまでに喜ばれたのでしょうか。

実は、そのつまようじは純金を使ったつまようじだったのです。



3000円しかお金がない。

3000円ではお金持ちが喜ぶようなプレゼントは買えない。

そう思って、自分にはお金がない、お金があればいいのになあ、と思っていても何もできません。

その時自分がもっていた3000円。

その3000円をどう使えば相手がびっくりする最高のプレゼントを用意することができるか。

そう考えたことが、若者の人生を変えたのです。



こんなふうに、私たちは、自分にないものや自分にできないことを考えてがっかりするのではなく、自分にあるものや自分にできることをどうやって最高に生かすかを考えることが大事なのではないでしょうか。

そうやって考えて生かしていくと、自分に自信が持て、自分の力がさらに伸びていき、チャンスもたくさんめぐってくるようになるものです。



もっといいものを望まなくても、今あるものを生かすだけで、十分に素晴らしいことができるのだということを忘れないでいたいものです。

皆さんも、ないものを気にするのではなく、あるものを生かすことでいろんなことを乗り越えていってくださいね。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://jikkankatari.blog.fc2.com/tb.php/574-91dafac9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

yamanaka339

Author:yamanaka339
栃木県で小学校教員をしています。
どうぞよろしくお願いいたします。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。