fc2ブログ

Entries

14 楽しい時間を作り楽しいイベントをやろう 楽しい授業や活動②

「ちょっといい学級を作る18のSTEP」
 ~学級作りについて、まとまったものを書いています~

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃14 楽しい時間を作り楽しいイベントをやろう 楽しい授業や活動②
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「まあ、こういうのっては言って見ればそれほどおいしくない食べ物においしいソースをかけて食べるようなものだけど、一番いいのは食べ物そのものがおいしいっていうことだよね。だから、授業そのものが楽しい、おもしろいってなればそれが最高なのさ」
「そうですね。そんな授業だったら、子供も大喜びですよね」

「だけど、そういう授業ってそうそうあるものじゃないよ」
「先生でもそうですか?」
「いや、おれなんか、そういう授業って年に1回くらいだしね」
「え~、そうですか? 1組の子供ってよく授業の話をしてますよ」

「ああそれは、楽しい授業っていうよりも変わった授業だね」
「変わった授業ですか?」
「そう。国語の授業を桜の木の下でやったりね。それだけで気分変わるから」
「桜の木の下ですか。何かすてきですね」

「いいよ。弘乃さんも来年やってみるといいよ」
「はい、やってみます」
「ま、そういうように、楽しいって言ってもおもしろおかしい楽しさと、達成感や満足感のある楽しさっていうのがあるよね。どっちもあっていいしどっちだって楽しいと思うけど、満足感や達成感がある楽しさっていうのも授業を通して子供に体験させてやりたいね」

┌──────────────────────────────────────────
│楽しさ
|・おもしろおかしい楽しさ
|・満足感や達成感のある楽しさ
└──────────────────────────────────────────

「そうですね」
「井上ひさしの言葉にこういうのがあるよ。
  難しいことを易しく
  易しいことを深く
  深いことをおもしろく
  おもしろいことを真面目に
  真面目なことを愉快に」

「いい言葉ですね」
「これって、全部教えることに当てはまるように思うんだよね。難しいことを易しく教えるのは教えることの基本だし、一見易しいことを深く教えるのも大事なことだよね。深いことをおもしろおかしく教えるってのは、今言ったような授業のことだし、おもしろおかしいことを真面目にやるのも授業に活気が出ていいしね。真面目なだけじゃなくてそれを愉快に教えるのも同じように子供の意欲を高めるからね」

「いい言葉をありがとうございます。ちゃんとメモしました」
「そのノートもずいぶんとたまったね」
「はい、もう2冊目が終わりそうです」
「へ~、初任研をやりながらよく続いたね」

「先生のお話は楽しいですから・・・あっ!」
「どうしたの?」
「先生のお話って、今聞いた井上ひさしの言葉と同じなんだなって今気づいちゃいました」
「そう?」

「はい。何か、ちょっと感動しました」
「そうかあ。じゃあ、話をしたかいがちょっとはあったかなあ」
「いつもありがとうございます」
「どういたしまして。ところで、満足感のある授業をやることってとても大事だけれども、反対におもしろくもおかしくもない授業をやることもとても大事なんだね」

「ええ、どうしてですか?」
「世の中、おもしろくもおかしくもないけど大事なことってたくさんあるじゃない?」
「そう言われればそうですね」
「そういうことでも真面目に精一杯、淡々とやることってとても大事なことだとおれは思うんだよね」

「はい」
「いつでもおもしろおかしい、やりがいがあって楽しいっていうことに慣れちゃうと、そうじゃないときのモチベーションが下がるんだよね。だから、そうじゃないおもしろくもおかしくもないことでも、いかに自分で自分のモチベーションを上げていくか、またはモチベーションが上がらなくても、手を抜かずに淡々とやっていくっていうことは、実は一番大事なことなんじゃないかって思うのさ」

┌──────────────────────────────────────────
│おもしろくないことでも真面目にやる
└──────────────────────────────────────────

「そうですね」
「そう。だから、いつでもおもしろい授業や楽しい授業をやらなくても、それはそれでとても意味のあることだからね」
「なんか、勇気がわいてきました」

「そう? そりゃあよかった。だから、それもバランスの問題だけどね。実際は楽しい授業っていうのはそうはできるものじゃないから、いつでもそれをやろうとするくらいでバランスがとれているのかもしれないね」
「先生、ところで、達成感や満足感のある授業って、先生が今までにやった授業の中ではどんな授業があるんですか?」

「う~ん。それを簡単に言うのは今は難しいから、今度まとめておくけど、国語の授業ではよく物語の読解で討論をさせることがあるのさ。そうすると時に議論が白熱して、授業が終わってからも友達同士で話してたり、自分の意見を言いにきたりする子がいたりすることがあってね。そういうときの子供は授業に満足して、またやりたいって言ってたね。たまに、次の時間も国語にしてくださいなんて言ってね」

「国語の授業で、ですか?」
「そう。図工とか体育とかね、そういうのって基本が楽しいから次の時間もってなるけど、国語ではそういうの少ないでしょう?」
「はい」

「だから、きっと余程満足したんだろうと思うよ」
「そうですね」

┌──────────────────────────────────────────
│国語の物語の読解・・・討論の授業
└──────────────────────────────────────────

「それから、算数で盛り上がるのは、算数ソフトを使ったときだよね」
「子供が夢中で手を挙げる算数の授業」

「あ、この前紹介してくださったソフトですね。私のクラスの子供にも大人気で、算数は苦手であまり好きじゃない雄太君が、先生、1日中算数でもいいよって言ってたんですよ。うれしくってお母さんに電話しちゃいました」

「そうでしょう。子供は大喜びだよね。それに理解も深まるからすごくいいしね」
「今度、雄太君のお母さんにも見せてあげようと思います」
「うん。雄太君に限らず、学級懇談会などでお母さん方に見せるといいよね。こんな勉強の方法もありますっていう感じで」

「そうですね。今度やってみます」
「それから、授業じゃないけど、楽しい活動をいくつか取り入れるといいよ」
「楽しい活動って、どんなのですか?」
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://jikkankatari.blog.fc2.com/tb.php/345-c29a3fb2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

yamanaka339

Author:yamanaka339
栃木県で小学校教員をしています。
どうぞよろしくお願いいたします。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR