Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://jikkankatari.blog.fc2.com/tb.php/101-627425be

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

第100回 授業道場野口塾(in 横浜)

100回目の記念すべき野口塾に参加して参りました。
懇親会まで出たので、帰宅はちょうど24時でした。やっぱり、石川町駅は
やや遠いですね。もっとも、北海道、青森、岩手、高知、愛媛、福岡等々か
らおいでの先生方に比べれば、遠いなどとは言っていられません。

野口塾は野口先生の講座とお人柄に学ぶのが本旨ですが、そこに集う参加者
にもたくさんのことが学べます。この研究会に参加される先生方は皆さんす
ばらしい方ばかりで、謙虚で品がありよく勉強をされていますので、お話を
していても、とても心地よいのです。

さて、今回野口先生からお伺いしたお話の中で、次のたとえ話が印象に残っ
ていますので、御紹介します。

先生は、今の学校現場を次のようなたとえ話で表現されました。

港にたくさんの小さいボートが浮かんでいます。どのボートにも一人ずつ人
が乗っていて、一生懸命汗を流し夢中でオールを漕いでいる。その人たちに
向かって
「いったいどこに行くのですか?」
と質問をしてみると、これまた漕ぐ手を休めずに
「そんなことは分からない。しかし、とにかく一生懸命にオールを漕がなく
 てはならないのだ」
と答えるのです。

今の学校現場はこのように、目的を見失ってしまっているようです。とにか
く何かに夢中になって汗を流しているが、行き先が分かっていないのです。

いつでも「根本・本質・原点」を見失わないようにしたいものです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://jikkankatari.blog.fc2.com/tb.php/101-627425be

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

yamanaka339

Author:yamanaka339
栃木県で小学校教員をしています。
どうぞよろしくお願いいたします。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。