Entries

心が変われば(子どもに語るちょっといい話No068)

★いつまでたっても行動が変わらずよく注意される子がいます。そういう子には、話をするだけではなかなか効果が上がらないのですが、それでも少しずつ変わることを信じて話をしたい時に。アメリカにはメジャーリーグというプロ野球の集団があります。アメリカの野球の中では一番技術が高く、人気のあるリーグです。アメリカで一番ですから、世界で一番です。そのメジャーリーグにヤンキースという伝統と人気のあるチームがあります...

石の上に3年もいたら(子どもに語るちょっといい話No067)

★子どもはよく「自分だけが大変」「自分ばかり叱られる」「~さんだってやっていたのに」というように、自分だけが特別に悪い思いをしていると考えがち(大人もそう)。そんな子どもたちに、別の視点から自分を見ることで自分だけが特別ではないということに気付かせたい時に。病気で手足がうまく動かない方がいました。ひとりで歩くのも大変なので、車いすを使って生活をしているそうです。その方の家にこういう言葉が貼ってある...

気づける人が幸せな人(子どもに語るちょっといい話No066)

★学級で生活をしていると、自分が誰かに何か嫌なことを「された」、嫌な思いを「した」と訴えて来る子がいます。同じことをしてもされても訴えて来ない子もいます。気にしない子もいます。その差はどこから来るのでしょうか。あまりに被害者意識が強い子たちに、いろんな見方をすることの大切さをそれとなく話して聞かせたい時に。ある人から聞いたお話です。仮にAさんとしておきましょう。Aさんがまだ高校生だった時のことでし...

第130回 「授業道場 野口塾」 in 宇都宮 のお知らせ

宇都宮市文化会館に、野口芳宏先生をお招きして、お話を伺います。今回は、学力向上をテーマに、国語授業でどう学力をつけていくのかについてお話をいただく予定です。私も、学力を向上させるための、すぐにできるちょっとした技をたくさんご紹介させていただく予定です。ご都合つきましたらどうぞおでかけください。よろしくお願いいたします。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━第130回授業道場「野口塾」 in 宇都宮     ...

人に迷惑をかけないことよりも大事なこと(子どもに語るちょっといい話No065)

★「人に迷惑をかけてはいけない」「人に迷惑をかけないような生き方をしなさい」とよく言われます。でも、人は生きているだけで実は誰かに迷惑をかけています。もともと迷惑をかけないで生きるのは無理なのです。迷惑をかけないで生きることが無理ならば、迷惑をかけないことよりも、迷惑をかけても許してもらっていることに感謝する生き方、反対に迷惑をかけられても許せる生き方、そういうことの方が大事なのではないでしょうか...

当たり前は当たり前じゃない(子どもに語るちょっといい話No064)

★わたしたちは毎日やっていたりやってもらったりしていると、だんだんとそれが当たり前だと思うようになり、やって当然やってもらって当然という気持ちになってくる。そこに思い上がりや傲慢が現れて人間関係を悪くしたり相手を傷つけたりしてしまう。そんなことをもう一度考えさせて、互いの人間関係を見直したい時に。皆さんは、今日何気なく学校に来た人がほとんどだと思います。朝起きて、着替えて、ご飯を食べて、ランドセル...

込めた気持ちにも価値がある(子どもに語るちょっといい話No063)

★何事もただやればいいのではなく、そこにどんな気持ちをどれくらい込めるかということが大切になってくる。夏休みの課題も係活動も。2学期の始めにあたり、自分自身を見つめ直して真剣に行動させたいと思う時に。ある飲食店でのお話です。そのお店でお客様を招いてイベントをすることになりました。おいしいお酒とそのお酒にぴったりあうおいしい食べ物を、お店のご主人が自分でいろいろと食べてみて試して選びました。イベント...

Appendix

プロフィール

yamanaka339

Author:yamanaka339
栃木県で小学校教員をしています。
どうぞよろしくお願いいたします。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR