Entries

スポンサーサイト

卒業証書のいただき方

「小学作法 尋常科第四学年」(昭和12年発行)という本に、次のように書かれています。------------------------------------------------------------(20ページ)證書の受け方自分の名を呼ばれたならば、静かに進み、授ける人の前、凡そ三歩の所で立止り、両足をそろへて敬禮し、下座の足から三歩進んで、左手を出して左ふちを持ち、右手を右ふちにそへていたゞき、上座の足から三歩さがり、両足を揃へて敬禮し、上座の方に...

卒業式での「お辞儀」の指導

卒業式でのお辞儀の指導の仕方に、きちんとしたきまりがあるわけではありません。各学校によって、指導者によっていろいろあると思います。共通することは・全員がなるべくそろうこと・頭だけが下がるようなお辞儀にならないこと (腰を中心に上体を傾けること)でしょう。私の知る範囲でのお辞儀の指導は、「1・2・3」のリズムで行うというものです。1・・・上体を傾け2・・・傾けた状態で静止3・・・上体を起こすです。こ...

研究会やセミナーの講師としてご用命ください

いつもブログをご覧下さいまして、ありがとうございます。これはあつかましいお願いですが・・・。皆様主催の研究会やセミナー、校内研修会などで・いつもとは違う講師、違う内容で開催したい・都合のつく講師が見あたらない・講師が急に都合が悪くなった・時間があるのでもったいないというようなことがおありでしたら、どうぞお声がけください。主に次のような内容でお引き受けできます。国語教育=教材研究法、読解指導、授業技...

職員研修で算数ソフトの紹介

夏休みの職員研修第1日目です。この日の内容は、①ファイルやフォルダーにパスワードをつける方法②算数ソフトの紹介③ファイル一元管理のための移動作業です。①情報管理が厳しくなって、基本的に個人情報の持ち出しは禁止に なりました。勤務校では、個人情報ファイルを持ち出す際には、管理職の許可を得た上で、暗号キーのついた学校用のUSBファイルに保存して持ち出すことになっています。このような時代ですので、パスワード...

らくりん座と「読んだらいいのだ」

らくりん座の演劇を見ました。「ゆきと鬼んべ」という劇です。1年生から6年生までが一緒に見ました。下学年の子供には難しい内容だったと思います。だから、途中かなりおしゃべりや動きが目立っていたように思います。ところで、下学年の子供たちが多いに湧く場面があります。登場人物がコミカルな動きをする場面です。ストーリーに関係のない、登場人物の動きに反応しているのです。極端な話ですが、悲しい場面であっても、突飛...

再び、最善を目指すあまり次善を否定し最悪を招く

最善を目指すあまり次善を否定し最悪を招く。最善=ほめて・認めて子供を教育する次善=厳しく鍛えて子供を教育する最悪=子どもの規範意識が低下するこういうクラスをたくさん見てきました。この場合、最善と次善が本当に最善であり次善であるかは分かりません。しかし、一般的にそう言われています。ところが、ほめて・認めて子供を教育するのは簡単ではありません。子供の能力だけを、ほめて・認めて伸ばすのは可能です。つまり...

子供は動くもの

今日はPTA主催の行事がありました。・お菓子づくり・紙人形づくり・スポーツの3つの活動を行い、希望する子供が集まりました。最も多く集まったのはスポーツでした。他は多少なりとも材料費などがかかるということも理由の一つかもしれません。それでも、土曜日で学校に来る必要のない日に、わざわざ学校に来てスポーツをしようというのですから、子供は元来動くのが好きだということが分かります。実際に活動が始まっても、ド...

教師のコードと子どものコード

1年生の補教(補欠)に出ました。入学して1か月です。まだまだやんちゃな子が目立ちます。中でも、私が何か指示する度に「どうして?」「やだよ」「ぼくね・・・」と、必ず口をはさむ男児がいました。担任の先生は毎日大変だろうなぁと思いながら、課題のプリントを配って作業を始めました。男児は作業中もよくおしゃべりをし、何度か席を離れて出歩いていました。その度に注意をし、静かにさせ席に着かせましたが、クラス全体が...

最善を目指すあまり次善を否定し最悪を招く

「最善を目指すあまり次善を否定し最悪を招く」このようなことが起きることがあります。例えば、「君主論」を書いたマキャヴェリは次のように言います。「君主は愛されるより恐れられよ。しかし、憎まれてはならない」これはよく統治するためにということです。ベストは「愛されてよく統治すること」です。ベターは「恐れられてよく統治すること」です。そしてワーストは「愛されようとして統治できなくなること」です。君主の本質...

私の、指導案作りの手順

指導案の検討で聞かれる声に「展開部分は書きやすいが目標や教材観・指導観は書きにくい」というものがあります。実は私も苦労して書いていた記憶がありますし、教科書会社の指導書を多いに参考にもさせていただきました。しかし、だんだんとあまり苦労をしなくなりました。それは、その授業で自分は子どもにどんな力をつけたいのかを表現するようにしたからです。手順はこうです。1 この教材で子どもにどんな力をつけたいのかを...

Appendix

プロフィール

yamanaka339

Author:yamanaka339
栃木県で小学校教員をしています。
どうぞよろしくお願いいたします。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。